診療案内

標準的な皮膚科治療のほか、漢方を利用した治療も行っています。

慢性疾患には漢方の特性を生かした、出来るだけ体に無理のない治療を、色々話しながら行っています。また、急性疾患も場合によっては漢方を取り入れた治療で、出来るだけ早い段階での回復、後遺症の予防、再発の予防なども取り組んでいます。

オウレン

オウレン 写真

カッコン

カッコン 写真

ケイヒ

ケイヒ 写真

アトピー性皮膚炎

アトピー

急性増悪事

ステロイド外用剤を用いることもあります。ただし、増悪の理由がある程度推察でき、再発も予防できそうで、特にステロイドでも軽快が見込める場合で、なおかつ本人と相談した上で用います。漢方薬にも急性時に用いて有効なものもあり、よく用いられます。

慢性安定期

漢方薬による体質改善のほか、生活習慣全般の改善を、出来ることからこつこつと行っていくこと指導しています。どうすれば継続できるかを、まず第一に考え、何よりも、漢方薬も含めた、薬に頼らなくてもよい体作りが重要と考えます。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎

皮膚炎の原因のかなりのものが接触性です。いわゆる「かぶれ」です。
一時的なものと考えず、また、自己判断に頼らず、早めの受診がよいです。
よく、色々な薬をつけてみたけど治らない、といわれる方が多いですが、つけた薬で余計にひどくする場合が多いです。
中には湿疹ではないものもあります。引っ掻いたり叩いたり刺激して悪化させる前に、きちんと診断するためにも、早めの受診をお勧めします。

足白癬(あし はくせん)

水虫

いわゆる「水虫」ですが、意外と自分が水虫であることに気付いていない方が多いです。
指の間だけでなく、かゆみも無い、ただ皮が剥けるだけのタイプや踵が硬くなるタイプ、爪に来るものなどもあります。
痒くない水虫のほうが圧倒的に多いです。
気になったときは、市販薬をつける前に来院して調べたほうがいいです。正しい治療をすれば必ずよくなります。

疣贅(ゆうぜい)

ヨクイニン

漢方薬

いわゆる「いぼ」。漢方薬がよく効きます。増える前に飲み始めたほうがいいです。
また、いわゆる「しみ」も同じ漢方薬でよくなることが多いです。
気になったら受診してみてください。

page
top
MENU